CHECK

知っておくといざという時に役に立つ!スイミングスクールの基本情報を紹介

スイミングスクールというのは、プールや海などで水泳を教える教室や講座のことで、水泳教室やスイミング教室、スイミングクラブとも呼ばれます。和製英語であり、英語ではswimming classと表記します。このスイミングスクールには、さまざまな種類や目的のものがあるという点を基本情報として覚えておきましょう。例えば、乳幼児や小学生を対象としたものでは、水に慣れたり基本的な泳法を習得したりすることが目的です。中学生や高校生を対象としたものでは、競泳選手を育成したり、タイムを向上させたりすることが、また成人や高齢者を対象としたものでは、健康増進やダイエット、リラクゼーションなどが目的となっています。

スイミングスクールとはどのような施設?

スイミングスクールはその名の通り、泳ぎを学べるスクールです。対象年齢は幅広く、3歳位の児童からお年寄りまで多くの人が利用しています。スイミングスクールでは、必ず指導者である先生が付きます。先生一人で10人以上の生徒を見ることもあり、ある程度まとまった人数で指導を受けるのが一般的です。しかし最近では、マンツーマンで泳ぎの指導をしてくれる施設もあり、このような場所だとより深く泳ぎについて学ぶことができます。「できるだけ効率的に水泳について学びたい」という人は、先生が個人レッスンをしてくれるスイミングスクールを選ぶのがいいでしょう。また、子供向けのスイミングスクールは、地域の大会に出られたりします。ただ泳ぎを学ぶだけではなく、大会に出て競い合うことで、より高みを目指せるようになります。子供がスイミングを行うメリットは豊富にあるので、「子供になにかスポーツをさせたい」と考えている親に是非選んでみてほしいと思います。

日本におけるスイミングスクールの歴史とは?

日本で最初のスイミングスクールは、1964年の東京オリンピック後に水泳選手や指導者によって開設されました。当時は、子どもたちに水泳を教えて将来の金メダリストを育てるという目的が主でした。1970年代になると、ガラス張りでサウナなどを備えた近代的なスイミングスクールが増え始めました。また、スポーツブームの影響で、ジョギングやジャズダンス、テニスなどの教室も併設されるようになったのもこの時期です。その後、1981年にはアメリカからエアロビクスが紹介され、若い女性を中心に大流行しました。それをきっかけに、スタジオやジムを備えた総合型のフィットネスクラブが急増し、1983年にはセントラルスポーツがウィルセントラルフィットネスクラブ新橋を開設して、現在の料金システムの原型を作っています。なお、この時期は、バブル経済の影響で、異業種の大手企業もフィットネス業界に参入しました。1990年代になってバブル経済が崩壊すると、フィットネス業界も不況に見舞われました。入会者が減少しコスト削減や料金見直しなどの対策が必要になる一方で、ニーズに合わせた多様な業態開発も進められています。都市型の小規模クラブや温浴施設、子ども向けの大型クラブなどが展開されました。このように、日本におけるスイミングスクールの歴史は、時代の変化や社会のニーズに応えて進化してきました。

スイミングスクールの対象年齢とは?

スイミングスクールの対象年齢は非常に幅広く、ほとんどのスクールでは幼児からシニアまでの年齢層を受け入れています。一般的に言えば幼児から高齢者まで、誰でもスイミングを学ぶことができます。 まず幼児向けのスイミングクラスがあります。これらのクラスは、通常、2歳から3歳以上の幼児を対象としています。幼児期から水に慣れ親しむことは、水安全性を向上させ、基本的な水泳スキルを身につけるのに非常に役立ちます。 次に小学生向けのクラスがあります。多くのスイミングスクールでは、小学生の子供たちを対象としたグループクラスやプライベートレッスンが提供されています。これらのプログラムは、水泳の基本技術を教えるのに適しており、水泳の楽しさを体験させてくれます。ティーンエイジャー向けのクラスも用意されています。ティーンエイジャーは、水泳を競技として追求する場合や、フィットネスとして楽しむ場合など、さまざまな目的でスイミングスクールに通うことができます。シニア向けのクラスも存在します。高齢者向けのスイミングクラスは、健康維持やリラクゼーションを目的としており、関節や筋肉の柔軟性を維持するのに役立ちます。水中での運動は、シニア世代にとって特に優れた選択肢となっています。

スイミングスクールで学べることとは?

水中での泳ぎ方を身につけるために、スイミングスクールに通おうか検討している方も多いのではないでしょうか。泳ぎ方を教えてもらえるイメージが強いですが、スイミングスクール泳ぎ方以外にどのようなことが学べるのか気になるという方も少なくありません。スイミングスクールで学べることは、まず「バランス感覚」です。水中を泳ぐためには水面に対して水平に身体を保たないといけないため、無意識に普段は使わない筋肉を使ってバランスを保とうとするため、全てのスポーツに必要不可欠なバランス感覚を向上させることが期待できます。 次に「姿勢が良くなる」ことです。スイミングスクールでよく泳ぐクロールや平泳ぎなどは、肩甲骨を常に動かすため、周囲の筋肉に刺激を与え、水平に身体を保って泳ぎ続けるため腹筋と背筋をバランスよく鍛え姿勢改善に繋がります。近年はスマートフォンやタブレット端末の普及によって猫背が問題視されているため、身体を動かしながら健康的な姿勢を手にいれることができます。

スイミングスクールの料金水準とは?

小学生の子どもにスイミングを習わせる方が多いです。スイミングは心肺機能を高めて免疫力の向上が期待できますし、柔軟性のアップなど多くのメリットがあるので良い選択です。柔軟性は他のスポーツでも大事なことなので、小学生でスイミングは辞めたとしても他のスポーツに活かすことができます。 スイミングスクールの料金水準は月額5000円から7000円くらいが相場です。選手コースや送迎サービス付きの場合は、2000円程度高くなります。相場と比較して明らかに安いスイミングスクールがありますが、安易に選ぶべきではないです。明らかに安いところは何か理由があるのではと疑った方がいいです。レッスンの際に指導にあたってくれるインストラクターが一人しかいないため、事故が発生したケースもあります。事故が発生すれば大変なことになるので、指導力の高さに加えて安全性が高いことも重視してください。安さに固執してしまうと、後悔することになります。

スイミングスクールの講師はどんな人?

勉強に力を入れて毎週塾に通わせることは将来を考えると非常に大切ではありますが、適度な運動をして伸び伸びと身体を動かすことも健康を維持していくためには欠かせない要素になってくるので、学と健康維持の両方を正しく取り入れていきたいと希望しているならぜひスイミングスクールに通わせてみることをおすすめします。 スイミングスクールなら泳ぎの基礎を学ぶことができますし、同時に強調性まで養っていくことができるので子供成長に大きく役立てていくことができるようになります。また、スイミングスクールで教えている講師はコミュニケーション能力が高い人が多く、生徒一人一人のことを大切にした素晴らしい教えを可能にしてくれるところが魅力です。数人を一人で指導しないといけないため、まとめる力や教えるスキルにも長けており、集中力を高めながら楽しく学べる環境を用意してくれることにも定評がある講師がかなり多いので、子供も毎回楽しく水泳を実施できる環境が整っているなど魅力が満載です。

スイミングスクールに向いている子どもとは

子供にはもっと体力を付けさせて丈夫な体作りを目指してもらいたいと希望している場合には、筋力の増加だけではなくて同時に柔軟性はしなやかな体も目指していくことができるスイミングスクールに通わせて、本格的に水泳を習わせるのが最も良いでしょう。 しかし、スイミングスクールでは長く通って基礎をしっかりと学んでいくことが非常に大切になってくるので、ある程度子供が向いているのか事前に調べてから通わせることを意識することが大切になってきます。 向いていないのに無理に通わせてしまうと大きなストレスになってしまうだけではなく、体に大きな負担をかけてしまって怪我や体調を崩すなどのリスクも伴ってきてしまうことがあるからです。ではどのような子が最もスイミングスクールに向いているのかというと、泳ぐことが大好きで沢山の子達と交流することに積極的な性格であること、一度決めたことは最後までやりきろうとする根性と努力を見せることができるタイプになります。

大人向けのスイミングスクールはある?

スイミングスクールというと、子供が通うものというイメージが強いかもしれませんが、大人向けのスイミングスクールというのはあるのでしょうか。結論を先にいえば、あります。大人のためのスイミングスクールは、探せばいくらでも見つかります。水泳は生涯スポーツであり、老若男女問わずに楽しめるものです。ただ、子供の場合はアスリート志向で、大人の場合はどちらかというと健康志向でスイミングスクールに通う場合が多いかもしれません。健康維持のために大人ができるスポーツは色々ありますが、その中でも水泳は特におすすめです。まず水中では浮力があるため、関節などに過度な負担がかからないというメリットがあります。ひざの痛みなどを抱えている人でも楽しめるかもしれません。水泳は全身運動であり、体のあらゆる部位をトレーニングできます。また、水に入ることで体温調節機能や呼吸機能などが向上すると言われており、健康増進効果は非常に高いです。

スイミングスクールに通う際に準備すべきもの

泳ぎをマスターしておくと運動神経を高めることができるようになりますし、全身運動を取り入れることでしなやかで健やかな身体を目指していくこともできるようになるので、子供が積極的に習い事をしてみたいと希望している場合にはぜひスイミングスクールに通わせてみることをおすすめします。ただし、折角スイミングスクールに通わせるのであれば、直ぐに利用することができるように前準備を完璧にしておくことが大切です。特に準備しておきたいものについて詳しく説明していくと、最も肝心なものが子どもの体に良くフィットしているスクール水着と水泳帽子になります。 スクールによっては指定の水着が用意されている場合もあるので、可能であれば早めに購入しておくのが良いでしょう。 また、水着を入れておけるバッグ、身体を拭ける吸水性の高いタオルとフェイスタオル、替えのパンツなどは絶対必要になるので用意しておいてください。後はロッカーが有料の場合を想定して、少量のお金が入る小銭袋を用意しておくことも大切です。

八尾でスイミングスクールに通うならに関する情報サイト
スイミングスクールサポート

スイミングスクールは水泳を教えてもらえる教室などのことで、それ以外にもいくつかの呼び方があります。もともとは英語のswimming classから派生した和製英語であり、その目的は乳幼児や小学生向けのものと中高生向けのものとで異なっています。また、成人や高齢者向けのものは、どちらかという健康や体形を維持するために利用されることが多くなっています。このように様々な目的のものがあるため、用途に応じて自分に合うところを選ぶようにしなければなりません。

Search